So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

<最高裁長官>裁判員対象事件「速やかな審理を」(毎日新聞)

 全国の裁判所トップが集まって司法行政の課題を議論する「高裁長官、地・家裁所長会同」が9日、最高裁で始まった。竹崎博允(ひろのぶ)・最高裁長官は、裁判員対象事件の公判が始まるまでに時間がかかりすぎている問題について「被告に迅速な裁判を保障するため、公判前整理手続きの機能を高め、速やかな審理を実現することが望まれる」と述べた。

 竹崎長官は冒頭のあいさつで、再審無罪となった足利事件に触れ「科学的証拠の意義、機能について速やかに検討し、結果を広く刑事司法の運用に生かしていかなければならない」と発言した。

 また、多様化する民事訴訟に対処するための知識の習得▽増加する家族間紛争に対する柔軟な取り組み−−などの課題も示し、「従来の運用を漫然と踏襲するだけでなく自らが新たに実務をつくり上げていく気概を持ってほしい」と語った。

 会同は最高裁裁判官や事務総局幹部らを加えて、計約140人が参加し、10日まで行われる。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
最高裁:拳銃譲渡で無罪を破棄 大阪高裁に差し戻し
キャッツ粉飾:会計士の有罪確定へ 最高裁
土壌汚染訴訟:売り主に賠償責任なし…売却後判明に初判断
「キャッツ」株価操作:60億円粉飾決算、有罪判決確定へ−−最高裁
裁判員裁判:制度違憲を棄却−−最高裁

荻野さんに卒業認定書=学部長ら両親に手渡す−千葉大生殺害事件・兵庫
<雑記帳>「蚕飼育キット」発売…家庭で繭作り観察を 京都(毎日新聞)
鳩山内閣が総辞職へ=262日、5番目の短命(時事通信)
菅首相会見詳報(5)「奇兵隊内閣と名付けて」(産経新聞)
小沢氏しばらく静かに…菅氏が出馬表明会見(読売新聞)

ネット選挙解禁法案を決定=今国会で成立目指す―与野党(時事通信)

 インターネットを使った選挙運動の解禁を検討していた与野党各党の代表者は26日、選挙期間中のホームページ(HP)やブログの更新を認めることを柱とした公職選挙法改正案を正式決定した。今国会で成立させ、夏の参院選からの適用を目指す。
 改正案は、候補者本人と政党・政治団体に限ってウェブサイトを利用した選挙運動を解禁する内容。参院選から実施するには6月4日までに成立、公布する必要がある。各党は全会一致で早期成立を図るが、国会情勢によっては与野党の対立が強まり、成立が参院選に間に合わない可能性もある。 

【関連ニュース】
HP、ブログ解禁で合意=ネット選挙、衆院比例候補も対象
HP解禁、不正に罰則=公選法改正案要綱判明
民主、HP解禁案を提示=ネット選挙で各党協議
ネット選挙、一部解禁へ=参院選からHP更新
ネット選挙解禁法案を提出=自民

県酒連が「泡盛百科」公開 銘柄情報を網羅
郵政法案審議に小泉氏起用=与党との対決アピールへ―自民(時事通信)
スマイレージと真野恵里菜がジョイントライヴをスタート
宮崎頑張れ!義援金や「ふるさと納税」続々(読売新聞)
首相「社民党から新閣僚も当然視野にある」(産経新聞)

専門家と一般消費者つなぐマッチングサイト人気(産経新聞)

 弁護士や司法書士、ファイナンシャルプランナーといった専門家と一般消費者を、インターネット上のサイトで結ぶマッチングサイトが人気を集めている。ネットを通じて専門家に有料相談などを依頼するだけでなく、質問に専門家が答える無料のQ&Aのコーナーもある。敷居が高い印象の強い専門家に気軽にアクセスできるようなつくりとなっている。(森本昌彦)

 「弁護士などの専門職に知り合いがいない人がほとんどです。サイトを通じて気軽に専門職と出会うきっかけをつくりたいと考えています」

 弁護士と司法書士、社労士、税理士のマッチングサイトを運営するオーセンスグループ(東京都港区)の社長で弁護士の元栄(もとえ)太一郎さんは話す。平成17年に弁護士とのマッチングサイト「弁護士ドットコム」を始め、その後、ほかの専門職のサイトも開設した。

 サイトでは、弁護費用などの見積もりを依頼すると複数の専門家から結果が届き、その中から気に入った専門家を選ぶことができる。比較・検討する際の参考になるよう、各専門家の経歴や取り扱い案件、趣味などの情報を見ることができる。ユーザーの口コミ評価も参照できる。

 インターネットでの有料相談のほか、弁護士ドットコムには無料で利用できるQ&Aコーナー「みんなの法律相談」もあり、質問内容と弁護士らからの回答を一覧できる。弁護士ドットコムだけで月間約3500件の見積もり依頼、相談、問い合わせが寄せられるほどの人気で、登録弁護士数は1900人を超える。

 多分野の専門家をそろえているのはオールアバウト(渋谷区)が運営する「All Aboutプロファイル」。「マネー」「キャリア」「医療・健康」など7ジャンル、約60職種の専門家が登録され、専門家のコラムや無料のQ&Aコーナーを読んだり、仕事を依頼することも可能だ。

 今月27日のリニューアル後には、登録専門家の数やジャンルが増えるほか、ネットショッピングのような感覚で仕事を依頼できるようになる。見積もり方式ではなく、サイト上で仕事内容と料金が明示された商品を購入するイメージ。オールアバウトの松田俊明さんは「ユーザーからすると、『5千円〜』『1万円〜』という料金では二の足を踏んでしまうし、取引上の間違いが起こる恐れがある」と、定額料金のサービスを導入する理由を話す。

 将来的に両社とも専門家の登録数増加やジャンルの拡大を目指しており、さらに一般消費者と専門家の距離が近くなりそうだ。

 ■8割近くが「専門家に関心あり」

 オールアバウトが平成21年5月に全国の20〜59歳の男女1600人を対象に実施したインターネット調査によると、専門家への関心は高い。

 「行動を起こすときに専門家を使いたいか」という質問に対し、「特に相談や仕事の依頼はしたくない」と答えたのは22%。17%が「相談はしないが専門家に興味はある」、46%が「無料なら相談したい」、8%が「有料でも相談したい」、7%が「仕事として頼みたい」と答えている。

 8割近くが関心を持っているものの、有料でも利用する人は15%にとどまっている。

【関連記事】
僧侶に税理士…“専門家バー”活況 ほろ酔い気分でお勉強 
「子ども手当」はビジネスチャンス 「将来の学資積み立て」−教育にニーズあり
嫁不足…狙われる東北の農家 純粋な男心を弄ばれた被害者の心の叫び
人気の美容皮膚医療 リスク含め医師と相談を
ストレスは旦那に八つ当たりで解決? 毒舌記者の子育て論
中国が優等生路線に?

大阪高裁元職員が非弁活動、近く地検特捜部聴取(産経新聞)
大阪女性失踪 「離婚して一緒に…」女性の願い暗転(産経新聞)
漁船転覆、母親の遺体発見=大分(時事通信)
青木氏長男の擁立を批判 河野太郎氏(産経新聞)
京王線で人身事故、ダイヤに乱れ(読売新聞)

県内移設は「狂気の沙汰」 与党・社民議員、官邸前で前代未聞の演説(産経新聞)

 社民党の山内徳信参院議員と服部良一衆院議員が10日午前、首相官邸で開かれた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の関係閣僚会議に合わせ、官邸前交差点の歩道で、県内移設反対を訴え、演説を行った。連立政権を組む与党議員が官邸前で鳩山由紀夫首相らを公然と批判するのは極めて異例の事態だ。

 山内氏は「辺野古くい打ち工法反対 首相、『国外・県外』への公約守れ」と書かれた横断幕を掲げ、「県外・国外と言ったのは誰だったのか。国家が人をいじめ犠牲にしていいという法律はない」と訴えた。さらに「沖縄県民を(県外移設という)その気にさせておいて、米国と交渉する気概も気迫もない。(県内移設は)もはや狂気の沙汰(さた)だ」と政府を激しく批判した。

 演説中、山内氏らは関係閣僚会議のため官邸入りする北沢俊美防衛相の公用車に「くい打ち反対、くい打ち反対」と叫び、キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)沖合の「浅瀬案」など県内移設案が政府案として話し合われることを牽制(けんせい)した。

【関連記事】
普天間移設決着「5月末は変えない」 鳩山首相が強調
「5月末決着」に先送り論、平野更迭論…参院選に向けた思惑も 首相自ら退路絶つ
鳩山由紀夫首相の軽さこそわが国の「最大の脅威」ではないか
心が麻痺しているのでは… メディアは現政権に甘く、問題起きてもすぐ“鎮火”
「辺野古から逃げてまた帰ることはあり得ない」 亀井氏が政府案反対
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<ニュース1週間>普天間移設、首相「県外」断念表明/石川遼、ツアー新の58で逆転V(毎日新聞)
<ひき逃げ>フィリピン人の女を殺人未遂容疑で追送検 千葉(毎日新聞)
親子3人はねられ死亡 パンク修理中、トラック突入 中央道(産経新聞)
日米地位協定に「環境条項」=沖縄配慮、改定提起へ(時事通信)
<残業代訴訟>添乗員派遣会社に支払い命令 東京地裁(毎日新聞)

民主除名の土屋都議、都連などを提訴(産経新聞)

 平成21年12月に民主党から除名処分を受けた土屋敬之都議は27日、「弁明の機会も与えず除名にしたのは党則違反」などとして、民主党都連などに、処分の無効と500万円の慰謝料を求める訴えを東京地裁に起こした。

 訴状などによると、土屋氏は21年8月、民主党が外国人地方参政権や夫婦別姓などの政策を、衆院選マニフェストに載せず政策集だけに掲載したことを雑誌やブログで批判。この行為について都連から弁明を求められたため、党規則に触れる根拠を示すよう要請したところ、弁明の機会もないまま除名処分を受けたとしている。

 土屋氏は会見で「民主党の献金問題の疑惑がある人たちには何の処分もない。党幹部の批判をしたから除名とは民主主義政党ではない」などと述べた。

 都連は「訴状を見ていないが、党規則に基づき除名処分した。瑕疵(かし)はない」とコメントした。

【関連記事】
民主除名の土屋都議、「日本創新党」の都議会会派設立
民主党都連、マニフェスト批判の都議に離党勧告
民主党都議が民主マニフェストを「偽装」と批判
波乗る民主 あえぐ自民
民主党マニフェストに“身内”から批判
「裸の王様」次に座るのは…

<枝野行刷相>特別会計改革案、夏までに提案へ(毎日新聞)
児童ポルノ販売容疑、男女5人逮捕=DVD8万枚を押収−広島県警(時事通信)
秋田県産5トン、青森リンゴに市場で混入か(読売新聞)
「政治ますます迷走」「早急な体質改善を」経済界、小沢氏「起訴相当」に批判と困惑(産経新聞)
「犯人は『アー』と叫び走っていった」 加藤被告がメモ 秋葉原殺傷事件第7回公判(産経新聞)

竜巻、雷の直前予報=5月27日から導入−気象庁(時事通信)

 気象庁は21日、竜巻や雷が現在発生していたり、目前に迫っていたりする場合、対象地域を示して発表する「ナウキャスト」を、5月27日午後1時から導入すると発表した。どちらも対象地域は10キロ四方単位で、竜巻や雷の発生地域が移動していく様子を10分ごとに1時間先まで予測して発表する。
 積乱雲が発達し、竜巻や激しい突風が発生する場合に発表する「竜巻発生確度ナウキャスト」は、確度を2段階に分類。2が的中率5〜10%程度、1が1〜5%を想定している。
 「雷ナウキャスト」の場合は、活動度を4段階に分けた。4が「落雷が多数発生」、3が「落雷がある」、2が「落雷可能性が高い」、1が「落雷の可能性がある」となっている。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

「訓練充実、不安ない」=長期滞在予定の古川さん(時事通信)
「最も親しみ感じる」日本はヨナ、韓国は真央(読売新聞)
京阪電鉄 開業100周年 大阪・中之島駅で記念式典(毎日新聞)
深夜に「1Q84」発売=春樹ファンの期待に応え一部書店で(時事通信)
<共産党>志位氏が訪米へ 委員長で初(毎日新聞)

環境省 雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明(毎日新聞)

 環境省は15日、新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターの順化ケージ内で全長60センチの雄のテン1匹を捕獲したと発表した。このテンが3月にトキを襲ったのかどうかは不明。

 同省によると、14日午後8時半ごろ、職員らが監視モニターからの音声で、順化ケージ内で動物の鳴き声がしたり、金属音がするのに気づいた。確認したところ、テンがわなにかかっていた。

 この事故では3月に9羽のトキが襲われ死に、監視モニターやケージに残された毛からテンが襲撃したとみられている。【江口一】

【関連ニュース】
コチョウラン:所管法人から就任祝い 環境省幹部を処分
トキ:産卵の可能性…佐渡で営巣のつがい1組 環境省
環境省:温室効果ガス25%減でもGDP増 検討会試算
温室ガス:環境省がロードマップ 販売の7割エコカーに
トキ:「擬交尾」の画像を公開 環境省

<天下りの塔>事業仕分けにため息…農水26法人が入居(毎日新聞)
舛添新党不発…“重大発表”予告にマスコミ集結も肩すかし(スポーツ報知)
高崎自然動物園 名は「クロマグロ」、でもサルです 大分(毎日新聞)
福島党首、石原知事の発言「人種差別」と批判(読売新聞)
欧州、17日も14便欠航=火山噴火の影響−日航・全日空(時事通信)

対馬軍事化時代の証し、戦時中の陸軍標石確認(読売新聞)

 戦前、九州・山口各地に設置された要塞(ようさい)地帯標石を長年、調査している長崎県佐世保市の元家電修理業・高橋輝吉さん(83)が、対馬市厳原町豆酘(つつ)を訪れ、豆酘崎砲台跡周辺で、標石計13本を確認した。

 高橋さんは「標石を平和教育や観光用に活用してほしい」と話している。

 標石は、1899年の要塞地帯法に基づき、軍事拠点の周囲に要塞地帯が設定され、一帯を厳重に保全するために設置された。高さ1メートル、一辺それぞれ約15センチの四角柱で、3段階に指定された区分や記号、設置年月日などが彫られている。

 高橋さんは、仕事先で戦争や要塞地帯などに関する話を聞くうち、関心を持ったという。兄2人を戦争で亡くしており、「悲劇を繰り返さないために記録を残したい」と、仕事を引退した65歳から本格的に調査を始めた。九州・山口県内の離島にも足を運び、これまで90本以上を確認した。

 高橋さんは、豆酘にも標石があると聞き、3月に2回訪れた。集落から豆酘崎砲台跡へ向かう約2キロの市道沿いのやぶの中で、「防」の文字と番号、裏面に「陸」、頂部平面に矢印が彫られた四角柱の標石を見つけ、写真撮影などを行った。

 要塞地帯標石ではなかったが、旧陸軍が豆酘崎砲台(1936〜39年)を築く際、軍道を設けるために民有地との境に立てた「境界石」とみられるという。

 高橋さんは「戦争体験が年々風化するなか、標石を史料として後世に伝えたい。戦略的な要地とされた国境の島の当時の様子がわかり、平和への教材として活用してほしい」と訴える。

 対馬の砲台史に詳しい厳原町久田の県嘱託職員小松津代志さん(61)は「標石は国境の島対馬が軍事化されていく時代の証しであり、当時の軍事についての考えや政策などが見える。その存在が忘れ去られようとしていく中での研究は素晴らしい」と話している。

牛丼レッドオーシャンは「定食」へ飛び火する? /金森 努
<掘り出しニュース>銀閣寺、2階内部に漆 創建時の輝きに……ただし拝観不可(毎日新聞)
訪問13回も「懐に飛び込めず」行政が見逃した虐待死、3つの要因(産経新聞)
衝突「広がったら怖い」=邦人犠牲に困惑も−帰国の駐在員、旅行者ら・成田空港(時事通信)
火葬料410万円着服の斎場職員を懲戒免 忌引も不正取得(産経新聞)

<社民党>サイパン、テニアンに視察団派遣へ 普天間移設で(毎日新聞)

 社民党は8日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先候補地に挙げている米自治領北マリアナ連邦のサイパン、テニアン両島に、9〜11日の日程で視察団を派遣すると発表した。団長は照屋寛徳国対委員長が務め、移設受け入れに積極的とされるデラクルス・テニアン市長らとの意見交換を予定している。

 国外移設を主張する社民党に対しては、政府内からも「『これはだめ、あれはだめ』ではなく、政権を担うものとして自覚を持ってほしい」(岡田克也外相)との批判が出ている。社民党は今回の訪問団派遣で、地元の前向きな意向を改めて確認し、日本政府に移設先としての再検討を迫りたい考えだ。

【関連ニュース】
普天間問題:徳之島の3町長、「断固反対」強調
鳩山首相:「会期内成立に全力を」…延長論にクギ
普天間問題:鳩山首相、米大統領に直接説明する意向
小沢幹事長:5月の訪米見送り
普天間移設:結論出ない場合首相辞任は当然…下地氏が発言

近鉄社員、元日の勤務中飲酒し車庫内を運転(読売新聞)
<2ちゃんねる名誉棄損>原告、元管理人の印税から賠償金(毎日新聞)
無給の「ノキ弁」も…弁護士は増えすぎた? 日弁連新会長誕生で議論再燃(産経新聞)
「来恋みこし」来ないギャル ハッピ姿恥ずかしい? 滋賀・草津宿場まつり(産経新聞)
ピザ店強盗容疑で元従業員逮捕=開店準備狙い110万円−警視庁(時事通信)

首相「郵政改革、閣内バラバラではない」(産経新聞)

【党首討論詳報(7)】

 山口那津男公明党代表「前回の党首討論、2月17日でありました。すでに1カ月半がたちました。その間、この今の内閣はどうでしょう。国民からは学級崩壊状態だとも言われ、首相のリーダーシップが欠けている、こうも言われているわけであります。例を挙げてみましょう。だれも責任をとらない政治とカネの問題、利益誘導政治の復活ともとれる個所付け問題、閣内バラバラの郵政改革案、さらにはいまだに見通しの立たない普天間基地移設問題。さらには危機管理意識が全く欠如した国家公安委員長の軽率な行動。さらには度重なる閣僚の国会審議遅刻。もう挙げればきりがありませんよ。これは内閣の機能がもう不全に陥っていると言わざるを得ないんです。国民から見れば、まさに失望内閣と言いたいくらいですよ。こんな体たらくでどうするんですか。鳩山総理、その認識をうかがいたい」

 首相「私は一番大事なことは政府として国民の命を守ることにあると思っています。そして国民の命を守るための予算を、これは与党のご審議をいただいて、これは史上5番目という早さだとはうかがっておりますが、早さが問題ではありません。内容としてしっかりとしたものを作り上げることができた。このことによって国民の実感として世の中変わったなあと。今までは必ずしも官僚任せだったから、自分の暮らしは良くならなかったけれども、これからは実感を伴ってくるなあ。子ども手当の問題にしても、あるいは高校の無償化にしても、あるいは戸別所得補償制度にしても、予算があがることによって、そしてそのことを迅速に実現することによって、新たな政治というものが始まったことを国民のみなさんにも理解していただくことになる。そのように感じておりまして、そのためにもわれわれとしては一致団結してがんばっていかなければなりません」

 「ただ、さまざま今、山口代表からお話がありました。われわれとして反省すべき点もないわけではありません。反省すべき点は反省したいと思いますが、ただ、たとえば郵政改革に関しては決して閣内バラバラではありません。閣議で決めるまでは、閣議で決めるまでは、それぞれ官僚任せでない新しい内閣ですから、自分たちの考え方があっていいじゃありませんか。むしろ閣僚のみなさんに思う存分議論していただく中で、閣議において、しっかりとしたものを作り上げていく。国民のみなさんに理解していただける新しい内閣の姿だとお認めをいただきたいと思います。行きすぎた点、あるいは足らざる点があることは認めたいと思っておりますので、そこに関しては大いに反省をしながら、出発をして、再出発をしてまいりたいと思っております」

 山口氏「反省をするとおっしゃるならば、具体的に反省の姿を見せてください。先ほど挙げた例、一つ、一つ具体的な姿を見せていただきたい。そこで最初の問題でありますが、政治とカネの問題。いまだに私はこれを問わなきゃならないことはざんきの念に堪えませんよ。あらゆる大事な問題を議論したいのに、この問題が障害物のようになって議論できないじゃありませんか。そこで聞きましょう。先ほど勝場(元)秘書の公判の話が取り上げられました。2つ聞きますよ、2つ。勝場被告をこの国会に、一番事実をよく知る人として証人喚問、あるいは参考人招致に応じるよう首相が説得をしたらどうですか。これが1つ。もう1つは3月3日の参院予算委員会で、首相はこう答えているんです。最終的に結論が出て、その結論を元にして使途の報告を申し上げたいということでございまして、正確を期す必要があるということで、私はすべてが終わってから書類の返還を求めて、そしてそこでみなさま方に見ていただきたいと。こうお答えになっているんですよ。この通り、間もなく裁判は終わりますから、書類の返還を求めて、この国会に示して、国民のみなさんに説明していただけますか。この2点、明確にお答えください」

【関連記事】
谷垣総裁、普天間5月末に未決着なら「退陣か信を問え」
首相「普天間移設先、現地の了解が必要」
谷垣総裁「抑止力維持と負担軽減の両立の唯一の解は現行案」
谷垣総裁「不祥事に民主党は誰も責任を取らない」
首相、普天間移設案は「腹案すでに用意している」
あれから、15年 地下鉄サリン事件

雑記帳 小雪さんが新作映画PRで表敬 福岡(毎日新聞)
16日に「平和構築」会合=国連安保理で主催−岡田外相発表(時事通信)
蟹江3人殺傷 パーカ姿の不審男 事件前日に目撃(毎日新聞)
教頭が大麻「自分で吸うため」自宅に所持し逮捕(スポーツ報知)
腎臓を左右誤って摘出=小山市民病院で医療事故−栃木(時事通信)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。